본문 바로가기 주메뉴 바로가기
コミュニティ

プロセイブ「グローバル江蘇企業」選定記事 - 釜山日報

作成日 : 2021.05.03 ヒット : 202


金海市、中基部グローバル江蘇企業都内最多選定 

 

世界輸出市場主導する6社4年間、カスタム型支援育成金海市は中小ベンチャー企業部指定「2021年グローバル江蘇企業」に館内6社が選定されたと明らかにした。慶尚南道は広域市・都中3番目に多くの計20社に選定され、金海市は2011年の事業開始以後、歴代最大で都内で最も多くの企業が選定された。特に金海型江蘇企業も2社が含まれ、金海市の江蘇企業育成政策が地域企業をグローバル企業に成長できるように牽引する成功梯子の役割をしっかりとしたものと解釈される。 

 

グローバル強小企業は革新性と成長潜在力を備えた輸出中小企業を発掘し、輸出先導企業と地域主導代表企業として育成する事業だ。指定後4年間、中期部、自治体、民間金融機関などで海外マーケティングと金融支援、研究開発参加優待などカスタマイズされたパッケージ支援を提供する。 

 

金海地域6社の現状を見ると、(株)タヌス(代表イ・ヨンギ)は国内唯一の自転車タイヤおよびインサートブランド専門企業で、ヨーロッパ、オーストラリア、米国など40カ国以上に輸出しており、今年文化体育観光部が指定する「優秀体育」用具生産業者に選ばれた。 (株)プロセーブ(代表キム・ヨンマン)は、産業用バルブメーカーとして独創的な技術研究開発で高付加価値産業用安全弁国産化を主導しており、2019年金海型江蘇企業、2020年慶南スター企業に選定された地域の有望中小企業だ。

 

海重工業(株)(代表ジンヤンホ)は船舶構成品メーカーで、2020年慶南スター企業選定企業であり、朝鮮海洋機材分野研究開発課題を企画して推進して多数の特許権(13個)を保有している。朝鮮海洋基材産業の高付加価値技術開発と国産化製品の開発に寄与している。

 

大京企業(株)(代表チョ・ヨンホ)は油圧機器メーカーで、2019年の金海型江蘇企業であり、コロナ19の困難にも昨年の売上高が160億ウォンで、海外市場の販路開拓、グローバルサプライチェーン拡大などに注力することで着実に輸出量を増やしている。

 

(株)テイル(代表イ・ギョンソク)は油圧シリンダーメーカーとして中小ベンチャー企業から企業革新型中小企業として認証を受け、貿易の日産子部長官表彰および100万ドル輸出塔受賞業者として海外販路開拓に注力している。エンアルテック(ナム・ギョンフン)は重工業消音器の生産会社で、国内大型造船会社との製品開発協業と大量受注を受けている。コロナ19ファンデミックにも2019年売上270億ウォン、2020年290億ウォンを達成し、持続的な成長傾向を見せており、この成果で昨年は慶南中小企業大賞を受賞した。

 

ホ・ソンゴン金海市場は「コロナ19で企業経営が難しい時期にもかかわらず、今年世界輸出市場を先導するグローバル強小企業に多くの管内企業が選定され、さらに意味が深い」とし「危機の中でも企業の絶え間ない技術開発と投資の成果と考え、グローバル強小企業でワールドクラス、さらにはヒドゥンチャンピオンになるように市でも多くの関心と行政支援を惜しまない」と話した。

 

イ・サンユン記者 nurumi@busan.com

ソース:https://n.news.naver.com/article/082/0001087392